通販かにのレシピあれこれ

今まで様々な食材を通販で頼みましたが、その年の終わりには、かにを通販で頼むのが恒例となっています。以前は、出張でかにの産地へ出向くことが多く、現地の市場へ出かけて、他の食材と一緒に送付していたのですが、最近はめっきり出張も減りもっぱら通信販売で購入するようになりました。毎年同じ販売店から購入していたのですが、何度か販売店を変えてみたりしてみました。店によって得意なかにの種類が存在するようです。かに 通販というと商品を心配する人も多いようですがいままで、返品を行なったりクレームを行なったりしたことは一度だって、ありません。それにしてもパソコン一つで、家に居ながら海の幸を購入できるなんて、考えてみれば贅沢な話だと思います。ほんの数年前までは、かにの産地へ行くか、専門店でなくては口にすることも出来なかったのですから。

食べ方だってそうです。昔は鍋にするくらいしかなかった調理法が今や和風、洋風、いっぱいあります。通販で購入する場合は、冷凍のものを購入することが多く、またその量もかなり多めに購入するのが常です。通販は当たり前ですが、家まで郵送してもらえるため、運んでいただく方には感謝しかありませんが、ついつい多めに購入してしまうのです。我が家では、生の冷凍かにが届くと、まずは、その一部を茹でてそのまま食べることにしています。一度蒸したことがあるのですが、なぜか身がパサパサになりあまり美味しく思えませんでした。やはり茹でて食べた方が正解です。そして茹でた身で酢の物にしたりちらし寿司の具にしたりします。その次はもちろん忘れてはならない鍋です。鍋の前菜にはちょっと贅沢にかにのてんぷらをつけることがあります。もちろん焼いたり蒸したりもしますが、てんぷらにすると目先が変わって好評でした。このあたりまで来ると、大量のかにの殻が捨てられるのを待っています。今度はその殻を使ってソースを作るのです。様々な野菜と一緒にオイルで殻をいため、ソースを作るのです。他の魚介類を入れても良いですし、クリームを入れても美味しいソースができるのです。

このソースは冷凍しておけば結構日持ちがしますので、和風料理にも洋風料理にも重宝することになります。通販で買える量でこそできる、調理法だと思います。そんなに難しい料理ではありませんので、是非一度試して見れいただければと思います。殻を捨てることがもったいなくなること請負です。